ホーム

サーマル プリンター・オート ラベラー・チェック スタンパーのシンメイ

 
 
 
 

包装印字

食品、ヘルスケア、サプリメント、衣料、部品、製造、物流業界等の軟包装・フィルム・パッケージへ日付・時刻・ロット・成分・表示・ロゴ・商標・マーケティング情報や可変情報を印字するなら産業用サーマルプリンターのシンメイへいつでもどんな事でもご相談下さい。お待ちしております。

農林漁業の「6次産業化」

日本の農林漁業の成長のカギとして「6次産業化」が注目されています。農林漁業者自らが生産だけでなく加工・流通販売を一体的に行ったり、農林漁業者と商工業者が連携して事業を展開する、農林漁業の可能性を広げようとする取組みです。私どもシンメイは、6次産業化を積極的に目指す農林漁業者様を応援させていただきます。

参考:生産・加工・流通販売を一体化 農林漁業「6次産業化」資金面等の 支援(政府広報オンライン)

  :6次産業化に対するA-FIVE(株式会社農林漁業成長産業化支援機構)の支援

リース契約での導入メリット

最新機械の導入にあたって多額の資金が不要、リース料は全額経費、固定資産税や保険等の事務手続きが不要、税額控除や固定資産税軽減を受けることができる等のメリットがあります。また、海外進出にも対応をしている場合は日本国内での金利メリットを生かすこともできます。私どもシンメイは、皆様の海外進出も含めた積極的な設備投資を応援させていただきます。

参考:リースの基礎知識(株式会社日本包装リース)

食品表示法切り替え(2020年4月1日~)

食品を取り巻く印字や表示の状況は、2015年4月から「食品表示法」によりルールが一本化され、経過措置期間、生鮮食品の表示は1年6か月、既に適用、加工食品と添加物のすべての表示は5年、2020年4月1日から適用され、食品表示法にそった表示へと移行することになります。正しい食品表示に対応した食品を毎日間違いなく提供する事業者であるためには、印字システム機械の導入といった食品表示法への対策の検討は必要です。食品表示法切り替えに伴う印字システム機械についてお困りのことがあれば、私どもシンメイへご相談下さい。

参考:印字の種類 食品表示法について

加工食品の原料原産地表示(2022年4月1日~)

平成29年9月に食品表示基準が改正・施行され、国内で作られたすべての加工食品に対して、原料原産地表示を行うことが義務付けられました。本制度の経過措置期間は2022年3月までですので、それまでの間に新たな原料原産地表示に対応をしていかなければなりません。原料原産地表示に伴う印字システム機械についてお困りのことがあれば、私どもシンメイへご相談下さい。

参考:印字の種類 加工食品の原料原産地表示制度について