求められる印字と表示

サーマルプリンターの用途

サーマルプリンターの昨今

サーマルプリンターは、熱を加えることで印字するプリンターのことで熱転写式プリンターとも言いい、ホットスタンプやローラーコーダーなどのアナログ印字の技術から進化をしてきましたが、始まりは1970年代後期頃より業務用のファックスのプリンターとして普及が始まる。それまでに主流であったタイプライター的なインパクトプリンターと比較して、静音性が低いことなどが評価され、急速に広まってゆく。

初のサーマルプリンターは感熱紙と5x7ドット同時加熱印刷方式はICの発明の半導体技術からテキサス・インスツルメンツ社が発明し1969年にコンピュータ用印刷表示機SILENT 700として発表された。当時のタイプライター、IBMセレクトリック(通称回転ゴルフボール)やソレノイドによるワイヤー押出ドットなどの各方式のインパクト印刷騒音から静音化された。その後小型コンピュータではキーボード付き各方式の印刷機から現在の表示はCRTやLCDモニターへ、印刷はプリンターへと分担されてゆく。

その後、ワープロやパソコンのプリンターとして普及するが、1980年代中期には、カラー印刷が可能な熱転写プリンターに置き換わった。

現在、一般向けとしてはファックスのプリンターとして採用される程度に留まるが、業務用途のプリンターとしては、ランニングコストが重視され単色の印字で対応可能な、レジスター(レシート)や自動券売機(切符、チケット)、オーダーエントリーシステム(飲食店の伝票)、のプリンターなどの機器で使用されています。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

産業用プリンターとしてはランニングコストと印字の繊細さからコードや印字用のプリンターとして使われていますが、その印字や表示の役割や用途は益々広がっています。

トレーサビリティ

不当表示、産地偽装、コピー品の増加、異物混入など昨今のこれらの問題は、製品に対する信頼を根本から揺るがすものとなってきています。そうした中で、印字や表示の役割は、製造者と取引先そして消費者間における製品の安全や信頼そして安心を約束する証明としてその重要度は増す一方です。製品の安全性に対する消費者の要求が厳しくなるなか、印字や表示には品質や内容を証明をするという役割が課され、その社会的な責務も大きくなってきたといえます。また、万が一、製品事故が発生した場合、いつ、どこで、どれくらい生産されたかが分かれば、原因究明や迅速な製品回収が可能となります。消費者の製品に対する信頼が揺らぐなか、このような、生産・加工・流通の一つまたは複数の段階を通じて、ひとつひとつの製品の移動(履歴)を把握できるトレーサビリティの仕組みができていれば被害を最小限にまたは未然にすることが可能になります。印字や表示は中身や品質に対する証明に加え履歴としての役割も担っていくことが要求されてきています。サーマルプリンターによるコード印字とそのコードを使ったシステムの構築でトレーサビリティの管理も可能になります。

食品表示

食品を取り巻く印字や表示の状況は、2015年4月から「食品表示法」によりルールが一本化され、経過措置期間(加工食品と添加物のすべての表示は5年、生鮮食品の表示は1年6か月)を経て、食品表示法にそった表示へと移行します。消費者の安全・安心を守る表示として食品表示法で義務となっている表示項目は、義務化される「栄養成分表示」、消費期限と賞味期限(期限表示)、アレルゲンの表示、小包装の食品の表示、製造所固有記号、機能性表示等、表示義務などその表示内容は、必要な時に必要なだけ印字や表示ができるオンデマンドのサーマルプリンターでの印字や表示の必要性が益々広がりつつあります。

ブランド

ブランド力を高め、強固なブランドを築くことは、商標や表示をあらゆるところで適切にお香なうことが重要です。必要な時に必要なだけ印字や表示ができるオンデマンドのサーマルプリンターでも大切な商標や表示の印刷が可能です。

地域団体商標.jpg

地域団体商標制度は、地域ブランドを適切に保護することにより、信用力の維持による競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的とし、平成18年4月に創設されました。

地域の事業協同組合や農業協同組合等の団体、商工会、商工会議所、NPO 法人が、「地名+商品(サービス)名」からなる商標を、その地域との密接な関連性を有する商品(サービス)に使用して一定の地理的範囲で周知となっている場合には、地域団体商標として商標登録を受けることができる制度です。

GI日本地理的表示gi.jpg

地域で育まれた伝統と特性を有する農林水産物・食品等のうち、品質等の特性が地域と結び付いている産品について、その名称を知的財産として保護することを目的とした「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)」が平成27 年6 月に施行されました。   

QRコード

QR_Code1543911934.png

必要な時に必要なだけ1個からその場で印字ができるオンデマンドのサーマルプリンターでのコード印字は、QRコードの用途を更に広げています。

QRコード(キューアールコード)は、1994年にデンソーの開発部門(現在は分離しデンソーウェーブ)が開発したマトリックス型二次元コード である。なお、QRコードはデンソーウェーブの登録商標(第4075066号[1])である[注 1]。

QRはQuick Responseに由来し、高速読み取りができるように開発された。当初は自動車部品工場や配送センターなどでの使用を念頭に開発され、現在ではスマートフォンの普及などにより日本に限らず世界的に普及している。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

QRコードはいろいろな現場の『便利』に役立っています。チラシや名刺といった印刷物だけでなく、決済システムなど身の回りの生活環境から工場や流通といったビジネスに至るまでの幅広い範囲で使われ、もはや暮らしに欠かせない存在であるQRコード。2012年には、暮らしにあった機能性の高さやデザインが評価され、公益財団法人日本デザイン振興会主催のデザイン推奨制度において「グッドデザイン賞」を受賞しました(産業領域のためのメディア部門)

活用シーンについてはこちらをご参照下さい。(デンソーウェーブホームページの「活用シーン」につながります)

印字や表示についてお困りの点があればお気軽にご相談ください。

展示会情報

FOOMA JAPAN 2019に出展いたします。弊社ブースへのご来場を心よりお待ちしております。 

 新着情報

資料ダウンロード

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3831-3921