【全業種様用】ダイレクトサーマルプリンターの導入でコスト大幅削減

  1. ホーム
  2. 業界・業種別ソリューション
  3. 【全業種様用】ダイレクトサーマルプリンターの導入でコスト大幅削減
ラベル不要!
ラベル貼り不要!
空袋に直接印字

ダイレクトサーマルプリンターの導入でラベル不要。ランニングコスト大幅削減。

シンメイのダイレクトサーマルプリンターの導入で、軟包装の空袋や単枚袋などの包材へ直接印字することが可能になります。そのため、ラベルは不要になり、ランニングコストの大幅な削減が可能になります。


製品包装の表示にラベラーをご使用の場合、ダイレクトサーマルプリンターへ変更することで、大幅なコスト削減が可能になります。
年間を通してラベルに関わるコストとしていくらぐらいかかっているでしょうか?一般的な企業ではラベル代に相当の費用がかかっています。
ラベルの大きさや発注ロットにもよりますが、紙のラベルでも一枚あたり1~2円ぐらいです。また、もしそれが合成紙のラベルだとすると、それ以上のコストがかかってしまいます。
現在、ご使用の軟包装の空袋に直接印字することで、ラベルにかかる直接的なコスト、またラベルを管理するコストやラベルを在庫しておくスペースなど、これらの間接的にかかるコストも大幅に削減することが可能になります。


ダイレクトサーマルプリンターの導入で必要な時に必要な枚数だけを印刷、少量多品種の生産に対応することが可能になります。
定番商品にはプレ印刷、定番以外の生産量が少ないものはラベルが一般的ですが、プレ印刷は、一度の発注数をまとめなければコスト軽減につながりません。また、校正など前段階での準備、発注してから納品されるまでリードタイムも必要とし、起動面では優れません。内容が変更になれば新たに版代が必要になり、その度にコストが利益を圧迫します。


内容に急な変更が生じたら? 商品が廃盤になったら?
そんな不安も解消できます。
ダイレクトサーマルプリンターは、ラベルに替わり直接、包装やフィルムなどの包材に直接印刷するのでラベルを貼る手間もなくなります。しかも仕上がりは、プレ印刷とほとんど変わりません。印字や表示されたものが改ざんしていないことが一目瞭然なので、貴社製品の安心にもつながり、製品に対する信頼をも高めることが可能になります。


必要な時に必要な枚数を印刷する。そして少量多品種の生産に対応することが可能になる。シンメイがご提案する「ダイレクトサーマルプリンター」です。

価値のある提案をご提供することそれこそが私どもシンメイの使命です。

サーマルダイレクトプリンターの導入で
必要な時に必要な枚数を印刷、ラベルの在庫は不要です。

定番商品にはプレ印刷、定番以外など生産量が少ないものはラベルが一般的ですが、プレ印刷は、一度の発注数をまとめなければコスト軽減につながりません。また、校正など前段階での準備、発注してから納品されるまでリードタイムも必要とし、起動面では優れません。内容が変更になれば新たに版代が必要になり、その度にコストが利益を圧迫します。

シンメイが提案する「サーマルダイレクトプリンター」は、軟包材の空袋に直接印字することができるので、コストを大幅に軽減させることができます。
企業にとって価値ある提案を提供すること、それこそが、私どもシンメイの使命です。

ニーズに合わせたご提案が可能です

片面、両面、印刷面積など豊富なバリエーション

シンメイのサーマルダイレクトプリンターには、印字幅が32mmのものから106mmのものまで、幅広く対応するサーマルプリンターを取り揃えています。

一度に裏面と表面の印刷をしたいといったニーズにお応えするものとして両面プリンターをご用意しています。片面プリンターの場合、最初に裏面を印刷し、次に裏返してから表面を印刷すれば両面印刷はできます。しかし、手間の問題を考えると2倍の労力や時間を必要とします。また万が一、裏と表の商品が一致しないもので印刷をかけてしまう可能性もないとは言い切れません。また、専用のアプリケーションを使えば、裏面のデータと表面のデータが同時に印刷されますので、間違いによる包装表示は解消することが可能になります。

ラベラーとの組み合わせで可能性は更に膨らみます

裏面の一括表示はサーマルダイレクトプリンターで印刷し、表面(いわば商品の顔の部分)には、やっぱりラベルを貼りたいという一連の作業を同時に、1つのシステムで可能になります。

そういったニーズにもシンメイは、お応えします。

シンメイだからできる、周辺機器の様々な組み合わせ

フィーダー部・プリンター部・ラベラー部・スタッカー部などは、それぞれのユニットに分かれていて、1本もしくは2本のケーブルをつなぐだけと、いたって簡単シンプルです。

同時に何十通りの組み合わせも可能となり、その時々のニーズに対応でき、拡張性を備えています。

日付、時刻、ロット印字、成分、ロゴ、商標、マーケティング情報などの可変情報を軟包装材に印字をすることは、食品加工業界をはじめコンシューマ向けパッケージ品、医薬品、工業用品等の業界で実証済みです。印字や表示についてお困りの点があればお気軽にご相談ください。