単枚袋用サーマルプリンター新規導入事例について

  1. ホーム
  2. ニュース一覧
  3. 単枚袋用サーマルプリンター新規導入事例について
2020.01.24

鹿児島の鰹節屋 サザンフーズ

シンメイの産業用サーマルプリンター 

サーマルダイレクトプリンターSMP-350P2AFZ135をご導入いただきました。

単枚の軟包装に直接、日付、賞味期限、一括表示の印字が可能な卓上ダイレクトサーマルプリンターと自動供給装置のフィーダーのセットになったサーマルダイレクトプリンティングシステムをご導入いただきました。

入前

パッケージチーム手分けをしてラベルの添付作業を全て手作業でしていたが、繁忙期になると作業が追い付けず苦労をしていた。

導入後

1:ラベルを作成する作業が無くなった。

2:ラベルの添付する作業(約300枚/1時間)が包材への直接印字(約1,000枚/1時間)となり大幅なスピードアップとなった。

3:ラベルへのコスト(約2円/枚)が削減できた。

4:賞味期限表示に対する信頼が飛躍的に高まった。(ラベルでの賞味期限表示だと後から貼り変えることができるため賞味期限にたいして疑われることが以前あった)

導入後 のコメント

10月~12月のお歳暮時期の繁忙期は、いつもラベル添付専用のアルバイトが必要でしたが、お陰様で昨年末は、アルバイト無しで乗り切れました。(工場長堀之内様談)

サーマルダイレクトプリンターSMP-350Pシリーズ

製造年月日や賞味期限などの印字用として1インチのヘッドを採用したモデルから、 一括表示 などの印字用として2インチ、3インチのヘッドを採用したモデルをご用意しています。多彩なヘッドサイズでお客様の印字や表示のご要望ににお応えします。 ご使用中の軟包装の種類に適したシンメイのフィーダー(供給装置)やスタッカー(集積装置)と組み合わせてお使いいただくことで更に使い易い製造工程の構築が可能になります。