沿革

昭和39年10月

東京都大田区に株式会社新明商会の商号で、株式会社リコー製複写機のアフターサービス事業会社として設立。

昭和40年 6月

ハスラー郵便料金計器・印紙税納付計器の関東地区アフターサービス事業を、当時の日本ポスタルフランカー株式会社より請け負う。

昭和50年12月

バム式ラベル印刷機の関東地区アフターサービス事業を、当時の日本ポスタルフランカー株式会社より請け負う。

昭和52年 3月

松本営業所開設。ハスラー郵便料金計器・バム式ラベル印刷機の販売権を、当時の日本ポスタルフランカー株式会社より獲得し営業を開始。

昭和55年 4月

新潟営業所開設。

昭和56年 4月

本社内に開発部を設置、オリジナル機器の開発に着手。

昭和59年 4月

長野工場開設。取扱機器関連ラベル等の生産開始。

昭和60年 6月

初となる自社オリジナル機器、チェックスタンパー「CS-85シリーズ」を販売開始。
メーカーとしての礎を築く 金融業界・鶏卵業界を中心に押印機を販売し実績を上げる。

昭和61年 9月

東京営業部開設。販路拡大を狙い、関東圏に営業拠点を置く。

昭和62年 8月

佐久工場開設。オリジナル機器の生産組み上げ開始 生産能力を高める。

昭和62年10月

大阪営業所開設。

平成 1年 3月

商号を株式会社シンメイに変更。

平成 3年 9月

名古屋営業所開設。

平成 5年 8月

ラベル貼り機、初期モデル「ALS-350N」シリーズを販売開始。

平成 6年 5月

初期モデル「ALS-100」シリーズを販売開始。

平成 8年 2月

九州営業所開設。

平成 9年 4月

技術部を本社(東京都大田区)から東京営業部へ移転。

平成 9年 8月

サーマルプリンター初期モデル「CPS-354」シリーズを販売開始。

平成12年 8月

初期モデル「ALS-100EPCX」シリーズを販売開始 鶏卵業界へ更に実績を強める。

平成14年 2月

ハスラー郵便料金計器など全ての請負アフターサービス事業を、当時の日本ポスタルフランカー株式会社へ返還 請負販売事業及びそれら機器のメンテナンス事業から完全に撤退。

平成14年 4月

本社を東京営業部と統合 本社を東京都台東区・ニュー関東ビルに移転。

平成15年 7月

東北営業所開設。

平成21年10月

包装機用小型サーマルプリンター「SCS400」シリーズを販売開始。

平成24年 4月

海外事業部を東京本社内に開設。

平成26年 2月

中国に現地法人を設立 初めて国外に生産拠点を拡充し、国内と中国での生産体制を確立。

平成26年 4月

創業50周年を迎える。

平成26年 6月

ニュー関東ビルの老朽化に伴い、本社を現在の東京都中央区日本橋に移転。