6月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比-1.5% 内閣府

  1. ホーム
  2. ニュース一覧
  3. 6月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比-1.5% 内閣府
2021.08.18

民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向をみると、2021(令和3)年5月前月比7.8%増の後、6月は同1.5%減の8,524億円となった。このうち、製造業は同3.6%増の4,039億円、非製造業(除く船舶・電力)は同3.8%増の4,705億円となった。

食品製造業は、同1.18%減の93.5億円。

4~6月,「船舶・電力を除く民需」は、同4.6%増の2兆5,210億円、製造業は同12.1%増の1兆1,736億円、非製造業(除く船舶・電力)は同1.8%減の1兆3,357億円となった。

7~9月見通し、「船舶・電力を除く民需」は、同11.0%増の2兆7,980億円、製造業は同3.4%増の1兆2,141億円、非製造業(除く船舶・電力)は同16.9%増の1兆5,616億円の見通しになっている。