【食品加工メーカー向け】サーマルプリンター・ラベリングソリューション

空袋印字にサーマルプリンター導入
賞味期限など可変データを自動設定&ダイレクト印字で大幅効率化

サーマルプリンターでダイレクト印字

シンメイがご提案する「サーマルプリンター」は、各種食品加工メーカー様を中心に多くの実績を積み重ねています。

専用のアプリケーションにより、印字内容はお客様の使い方次第で自由に設定できます。

同じ形状の袋で複数の違った商材に使う場合、1種の共通な袋を用意していただき、不変な部分にはあらかじめグラビア印刷をかけ、一括表示など可変な部分には印字スペースを空けて置き、そこを印字エリアとして印字をするといった使い方も可能です。

もちろん、印字可能エリア内であれば、すべての表示を印刷することも可能ですし、賞味期限など日付やロット番号だけの印字でも使われているお客様はいます。その場合でも、いままでのホットプリンターなどの機械と違って活字を使わないため、面倒な活字の差し替え、機械が温まるまでの待機時間も気にすることもなく、電源を入れればすぐ使用可能な状態になります。

時代は間違いなく、カレンダー機能を搭載した「サーマルプリンター」に、移り変わっていきます。

それでもラベルでなければ… それなら、
ラベルを貼る手間を軽減、業務を効率化!

手作業からオートラベラーへ

サーマルプリンターとは別の提案にはなりますが、それでもやっぱりラベルを貼りたい、または貼らなくてはいけないといったら、シンメイの空袋用ラベラーがぴったりです。

単純で生産性のない作業でも、企業にとっては商品である以上、無くてはならないのが、商品表示や商品の顔でもあるラベル類。それ以外でもポイントシールや新発売シールなどなど、ラベルはなくなりません。ラベルの種類が増えれば、貼る作業も2倍3倍と増えてしまいます。

作業現場では、何とか効率的に作業をこなすため様々な工夫されています。それでも限界もあり、貼る精度が要求されれば時間が要するといった状態になります。

シンメイの空袋用ラベラーによって、この生産性のないラベル貼りの業務は、機械に任せてしまいましょう!

業務に合わせたご提案が可能です

他社ラベルプリンターと連結して、空袋・立体物に印字しながら貼りつけもできます

ラベルプリンターと連結

各社どのラベルプリンターとも連結できる訳ではありませんが、他社製のラベルプリンターと連結し、無地ラベルを印字しながらラベルを貼っていくシステムもご提案できます。立体物・空袋どちらも実績ありです。

ラベルプリンターとの信号のやり取りもありますので、まずはご相談ください。

※写真はT社ラベルプリンターとALS-100Ⅱを連結したものです。